内視鏡検査

食道・胃・十二指腸や大腸をカメラで観察します。
喉の違和感・胸焼け・腹痛・血便・下痢・便秘・食欲不振・体重減少といった症状がある方や検診で指摘があった方、以前内視鏡治療や手術をしたことがある方などに行います。

上部内視鏡検査(胃カメラ)

予約について
初診の方は事前に受診して頂き、予約を取ります。通院中や定期フォロー中の方は電話での予約も受け付けております。
検査について
午前中の検査です。

経鼻内視鏡検査

当院では経鼻内視鏡も行えます。鼻の通り道に麻酔をし、細いスコープを鼻から挿入して検査します。 舌の上を通過せず、「おえっ」という嘔吐反射が起こりにくいため、口から苦手な方におすすめです。 事前に受診して頂き、予約を取ります。通院中や定期フォロー中の方は電話での予約も受け付けております。

ピロリ菌

ピロリ菌は胃の粘膜にすみつく細菌です。慢性胃炎や胃・十二指腸潰瘍、そして胃癌の原因になります。 内視鏡検査でピロリ菌の感染が疑わしいと判断した場合は検査をし、除菌治療を行います。除菌が成功したか判定も行います。


下部内視鏡検査(大腸カメラ)

予約について
全例事前に受診して頂き、予約を取っています。大腸カメラは腸がきれいな状態であると、 小さなポリープを見つけることができ、かつ検査時間の短縮にもつながります。患者さんの普段の便状況の確認や食事・下剤内服の説明を行います。
検査について
午後の検査です。検査当日は朝食・昼食はとらず、下剤(腸をきれいにする液体と水を1〜2リットル)を飲み、便をきれいにしてから検査をします。
下剤について
基本的には自宅で下剤の内服をして頂きますが、不安がある方やご高齢の方などで希望の方は院内で下剤を飲むことが可能です。
女性医師
特に女性の方で、男性医師による大腸カメラに抵抗がある場合は、女性医師も常勤していますのでご相談ください。

超音波検査

当院では腹部超音波検査を行っています。ゼリーをつけたプローベを当てて、お腹の中の臓器(肝臓、胆道(胆嚢・胆管)、膵臓、脾臓、腎臓、一部の腸管、腹水など)を 広く観察することができます。痛みもなく安全な検査です。
検診で肝機能障害を指摘された方、慢性肝炎・脂肪肝・胆石症などで定期的な観察が必要な方などに行います。

予約と検査について
基本的には事前に受診して頂くか、電話にて予約 を取ります。検査当日は、朝食をとらず来院し午前中に検査をします。ただし、緊急性がある場合はこの限りではありません。

脂肪肝と肝硬変

近年、食生活の欧米化や肥満傾向により脂肪肝の頻度が増加傾向です。 一部の脂肪肝は肝硬変へ移行し、色々な合併症や肝臓がんを発症することがあります。 当院のエコーでは肝臓の硬さや脂肪沈着を測定し、数値化することができるので、現在の状態を客観的に評価できます。

サイレント臓器

肝臓、胆道、膵臓などは比較的症状が出にくい臓器です。症状が現れたときには進行がんや障害がかなり進行している場合があります。 自覚症状がなくても、検査を行っています。

ほかの超音波検査について

基本的には腹部中心に検査をしていますが、動脈硬化の有無や甲状腺の観察も可能です。お気軽にご相談ください。