新型コロナウィルスワクチンについて No.2

2021/02/15(月)
いよいよ今週からワクチン接種が始まります。県内はここ数日新規感染者の報告がない日もありました。ワクチン接種についてそろそろ考えなくてはいけません。いくつか実際にあった質問です。

Q1:私の病気は基礎疾患に含まれますか?
A1:65歳以上の方がまず接種対象となり、その次に高齢者以外で下記の14項目に当てはまる方が対象となります。予診票には、病名の記載欄と主治医に打って良いか確認したかの項目があります。ご自身の病気が当てはまるかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

(1) 以下の病気や状態の方で、通院/入院している方
1.慢性の呼吸器の病気
2.慢性の心臓病(高血圧を含む。)
3.慢性の腎臓病
4.慢性の肝臓病(肝硬変等)
5.インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
6.血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
7.免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
8.ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
9.免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
10.神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
11.染色体異常
12.重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
13.睡眠時無呼吸症候群
(2) 基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方

Q2:先生のところで打てますか?
A2:現時点で辰野町は、集合接種の方向で調節中です。町内の開業医で打つことはできません。

Q3:薬のアレルギーがあるけど大丈夫ですか?
A3:食べ物や薬などにアレルギーをお持ちの方でも接種はできるとされていますが、打った後に通常より長めに(30分程度)待機します。ただし、以下の方は接種できません。
①最初のワクチン投与で重症のアレルギー反応を起こした人は、二度目は打たないようにします。
ワクチンに含まれる成分、ポリエチレングリコールPEGや交差反応をおこすポリソルベートにアレルギーのある人は禁忌です。PEGは大腸内視鏡検査時に内服するお薬です。ポリソルベートは食品や化粧品に広く使用されている添加物のようです。

まずは、今週から始まる国内の接種を注意深く見ていきたいと思います。